白いヒヤシンス

ヒヤシンスの花芽 球根からすっくと伸びて ふくらんで ふくらんで 手のひら ひらくように 反り返って つぼみ ひらく ひらくごとに もっと まっ白に もっと まっ白に たまらなく まっ白に 透きとおって 香り 意外にも ほのかなままで
コメント:4

続きを読むread more

描いていく

大事なこと 見失わないように わかっているようだけど 忘れてしまいそうなこと 自分の道は 自分が描いていく ここを歩いている道も 自分が描いてきたもの これから歩いていく道も 自分が描いていくもの 揺さぶられない 心の中の あったかくて まるい …
コメント:4

続きを読むread more

こころ開いたところに

ひとつ ゆっくり大きく呼吸すると わたしのハートは大きくなる また ひとつ ゆっくり大きく呼吸すると わたしのハートは大きくなって 笑顔になる そして またひとつ ゆっくり大きく呼吸すると わたしのハートはもっと大きくなって こころが開いてくる ああ そこに …
コメント:4

続きを読むread more

やわらかく

ゆっくりと過ぎていく やさしい時間 あえて  自分のこと ほめてみる ひとつ ほお やわらかいね ふたつ あれ ほかにあったかな できればね わたし全部が  やわらかく なりますように
コメント:4

続きを読むread more

少しずつ 今より

今という時に なんの不満もないよ ああだったらいいのに こうだったらいいのに ああしてほしいのに こうしてほしいのに そんな思いは ひとつもないよ あるのは もうちょっと 私 成長したいなってことだけ 少しずつ 今より いい私に なっていきたいなってことだけ …
コメント:4

続きを読むread more

時は 前に 前に

時は 過ぎていくね いつまでも 同じところにいるつもりでも ふと気づいたら 大きな変化が起こっている 5年前はどうだった? 今とは 全然違っていた じゃあ 5年後は 今と また変わっているんだろう 時に 駆け足になり 時に 足踏みになり 同じように刻む時の速度とは違った…
コメント:4

続きを読むread more

だれだって わかってること

だれだって わかってること あらためて 言うけれど 目には 見えないものが やっぱり だいじなんだ 目には 見えないものを 感じるってことが だいじなんだ でも 目には 見えないものって 表そうと思わなくても しぜんと 表れてくるものなんだ そう しぜんと 表れてくるも…
コメント:0

続きを読むread more

そんなわたしも

わたしのこと どれだけか したたかで どんなことにもへこたれない 気丈なにんげんだと おもわれているかな 頬杖ついて ぐっとこらえても こぼれる涙はとめられない そんなわたしもいるのだけど 訪ねてくださるかた、いつもありがとうございます。 とうぶん、シンプルな設定…
コメント:0

続きを読むread more

笑顔の鏡

あなたの笑顔が わたしの笑顔になるように わたしの笑顔が あなたの笑顔になるように ふたり見つめあえば 一緒に笑顔になるように そばにいてくれる人と 笑顔でいられるように 一緒に笑顔の鏡で いられるように
コメント:2

続きを読むread more

ラ・フランス

手の中の かわいいshapeに 見惚れながら 香りをかぐ まだ熟しきらない 堅めな果肉のみずみずしさが 朝一番の身体に 沁みわたっていく 甘ったるすぎない香りが 私の身体のどこかで 一日 残り香になりますように
コメント:4

続きを読むread more

温まる

ただ 温まりたくて ひさしぶりに長湯をした 願いとも 夢とも 考えとも 思いとも 言えるような 言えないような 言葉が 浮かんでは消える まるで 夢を見ているような 心地よさの中で それらの はっきりと形にならない言葉が さらさらと 湯の中に 解けだしていく …
コメント:2

続きを読むread more

おなじ

受け入れられても 受け入れられなくても わたしの中の きらめく気持ちは おなじ 端から見えなくても 現せなくても おなじ
コメント:4

続きを読むread more

優美な愛

人は誰かに愛を注がれないと 生きていけないほど からっぽではない だけど 温かな愛 注がれていたら 優美な愛となり循環して ひとりの人の中をめぐり 人と人の間をめぐり とめどなく溢れていく それが愛して 愛される しあわせ
コメント:4

続きを読むread more

愛しむこと

さらり乾いた洗濯物を丁寧にたたむこと 味噌汁に入れる大根をきれいに刻むこと 好きな化粧水を両手でゆっくり頬に馴染ませること ぴたっとさせたシーツで眠ること こんな些細なことが私の 今の時間を愛しむこと
コメント:4

続きを読むread more

馴染む

この感覚は どう言ったらいいんだろうって 考えてた  自然に そばに寄り添うような ぴたっと ひたっと この感覚 やっと 言葉が見つかった 馴染む そういうことなんだ この 心地よさは
コメント:4

続きを読むread more

月のしずく

一年365日 そのうち300日ほどは 使っていた いちばんしっくりとくる ピアス  どこかで なくした 私を守る役目 終えたのかな ずっと いつも ありがとう 月のしずく 片われ ひとつ 残して
コメント:4

続きを読むread more

言葉は 生き方

心がどこかに 埋もれていないかい? 心がどこかに 隠れていないかい? 言葉は 心 言葉は 想い 言葉は 生き方 心の中の想いが 豊かに育ち 迷うことなく 素直に 言葉となって  それがまた 私の 愛ある生きる力に なっていきますように
コメント:4

続きを読むread more

月の夜

刺繍の白い薄手ガウンに アイロンかけて そっと 心はずませて 月を待つ  今晩の月はきっと なぜか とくべつ 長い夜 赤い月が やがて 落ち着くのを 眺めながら 柔らかな 光の殻に 閉じこもる
コメント:4

続きを読むread more